1. 九州外語専門学校 HOME
  2. 英語は英語で学ぶ

学校紹介もっとKGCを知る

英語は英語で学ぶWhy choose us?

九州外語専門学校 校長 米津 朋子

九州外語専門学校では“英語は英語で学ぶ”をコンセプトに、英語特有のルールと機能、およびその土壌となる文化・歴史をふまえて英語を実践的に学習します。大好きな英語をしっかり学べば、ますます面白くなりますよ。

例えば「これを英語でどう言うかな?」と考える時、日本語から英語へ言葉(単語)の入れ替えをするのではなく、言おうとする事柄を具体的に整理して英語のルールに当てはめる作業が必要です。

「トイレは空いてますか?」
言葉の移し替えでは “Is the toilet open?” と不具合な表現になります。
状況に合わせると “Is anyone in the bathroom?” “Is anyone using the bathroom?” “Is the bathroom occupied?” 等、自然な英語表現になります。

「母は台所です。」
My mother is kitchen. これでは 母=台所 という妙な関係になってしまいます。
My mother is in the kitchen. これが適切です。

日本語と英語には、それぞれの特徴があります。

現実をありのままに伝える=具体的に表現する
英語の特質や、表現法の違いに留意して、伝えたい内容を整理し、英語のルールに落とし込むことが大切です。

英語を学び直す

幼児期に母国語を身につけた時のような“英語のシャワー”が役立つのは10歳迄の事。英語浸けの環境はなくとも、十代、二十代、三十代の皆さんだからできる方法があります。それは第2の言語:英語をあらためて見直す、学び直すことです。規則そのものだった文法にも合理的な解釈や、それまでの体験に裏付いた説明が加えられ、理解が深まります。 また、英語の歴史的な成り立ちを学んだり、文化的、宗教的背景を知ることは大人ならではの愉しみです。

教育方針

学校紹介